人間の脳は3歳までに80%完成する!想像力や自分で考える力をはぐくむ【月齢別おすすめの知育玩具】


toy_cお誕生から少しすると、音や色に反応するようになるベビー。
「笑う」「つかむ」など、小さな変化、そして、できようになることに、ママやパパはきっと大喜びに違いありません。
そうやって、お誕生した瞬間から、周囲のものや人、経験からさまざまな感覚を養っていくというわけですね。
さらに3歳くらいまでの時期は脳の細胞が増え、シナプス(神経細胞相互間の接続部)の接合も爆発的に拡大するといわれています。そんな大切な時期にどんな経験をするかが重要だといわれています。
そんな風にどんどん吸収する時期だからこそ、成長に合わせて、五感を上手に刺激してあげたられたらいいのに・・・。そんな風に思いませんか。
今回は、「知育」ってどんなこと?そして、想像力や自分で考える力をはぐくむことができる知育玩具について、ご紹介します。

人間の脳は3歳までに80%完成する

toy_aユニセフが過去に発表した「世界子供白書(2001)」によると、「子どもが3歳になるまでに脳の発達がほぼ完了する。新生児の脳の細胞は多くの成人が何が起こっているかを知るずっと前に増殖し、シナプス(神経細胞相互間の接続部)による接合が急速に拡大して、終生のパターンがつくられる。わずか36カ月の間に子どもは考え、話し、学び、判断する能力を伸ばし、成人としての価値観や社会的な行動の基礎が築かれる。」と発表されています。
さまざまな研究によると、今後の80年ほどの人生にかかわる脳の基礎が3歳までにほとんどでき上がるということなんですね。ですから、ママや家族の愛情を受けながら、安定した情緒を育て、その上で、さまざまな経験をすることが望ましいと考えられています。

知育って本当に必要なの?

toy_bお誕生から3歳までの時期が、人間の成長過程でとても大切なことがわかったところで、次によく聞く「知育」について、ご紹介していきたいと思います。
さて、「知育」とは一体何でしょうか。必要なものなのでしょうか。
「知育」とは、「自分で考え、答えを導き出すために必要な力を養うこと」です。例えば、小さい頃に英語が話せる、足し算ができるという知識面での優秀さは「知育」の結果の1つではあるかもしれませんが、「将来成績優秀な子どもにすること」を目的とするのではなく、本来は「目の前の状況を把握して、それまでの経験や価値観などを総合して判断することができる力をはぐくむこと」を知育といいます。つまり、「生きる力」を身に着けていくということですね。

年齢別におすすめの知育玩具

それでは、発達を促してくれる年齢別おすすめの知育玩具をご紹介します。

お誕生からおすすめの知育玩具

お誕生してしばらく経つと、音や色に反応するようになってくるので、この時期は、美しいメロディやさまざまな音を楽しむことができる知育玩具がおすすめです。
toy01
ねんねの時期のメリーからおすわり、たっちと適切な形に変形して遊ぶことができるメロディおもちゃ。クラシックの名曲や童謡を楽しむことができ、リズムや音の感覚をはぐくむことができます。
商品の詳細を見る
toy02
おなかのハートを押すと子守歌が流れるので、お休みの時にピッタリ。聴覚ややわらかい感触の赤ちゃんをぎゅっとつかむ触覚などを養うことができます。
商品の詳細を見る

6ヶ月頃からおすすめの知育玩具

生後半年の頃は、首も据わり、早い子では、お座りができはじめたり、歯が生え始めたりしてくる頃。
さらに音への反応もよくなってくること、物を口に入れて感触を楽しむことも増えてきます。
toy03
ベッドサイドに取り付けることもでき、1歳半頃まで遊ぶことができます。お遊びボードには、アンパンマンのキャラクターと遊ぶことができる11種類の指遊びができます。数字や時に親しむことができます。ひっくり返すとテーブルになります。商品の詳細を見る
toy04
こちらも6ヶ月頃から3歳頃まで、長く楽しむことができるおもちゃ。60以上の歌やおしゃべりを楽しみながら、指先遊びを楽しむことができます。色を覚えながら鍵盤を弾いたり、電話のボタンを押して数字を覚えたりとさまざまな遊びから学ぶことができます。商品の詳細を見る
toy05
ボールを入れるとくるくる回って出てくるおもちゃ。40以上の歌と音楽が流れ、ライトがキラキラ光ります。日本語モード、ABCモードで英語と日本語に親しむことができます。商品の詳細を見る

1歳頃からおすすめの知育玩具

1歳になると、ハイハイから歩き始めたり、離乳食も始まったりと、世界がぐっと広がります。また、視覚や聴覚だけでなく、五感を使って、色々なものを感じ取り始めます。またいらずらも始まる時期。言葉の理解も進みます。
toy06
この時期、多くの子どもたちがはまるアンパンマンのおもちゃ。ハイハイを促す遊びや人差し指や親指を上手に使うことができるようになる遊びが詰まっています。音声や効果音、メロディも楽しむことができます。商品の詳細を見る
toy07
こちらも子どもたちが大好きなアンパンマンのよくばりボックス。引っ張るとびよーんと伸びるボタン、マヨネーズやティッシュペーパーのいたずらを思う存分することができます。鍵やドアチャイムなど、音や言葉と行動が伴った遊びを満喫することができます。商品の詳細を見る
toy08
ロケットベースに1・2・3のつみわを積み上げて遊んだり、ボール遊びをすることができるおもちゃ。「積み上げる」という動作から、バランスを取ったり、ボールを押し出す動作を体験することができます。商品の詳細を見る

1歳半頃からおすすめの知育玩具

多くの子どもたちがしっかりと歩けるようになってきて、興味があることには近づいたり、だんだん意味のある言葉を話すことができるようになってきます。好奇心が広がっていきます。
toy09
タブレットのようなおもちゃ。知育ゲームから本格的な学習まで、成長に合わせた知育メニューが110種類。1歳半頃から楽しむことができる、反応力や認知力を高めるゲーム、記憶力や洞察力をはぐくむゲームから、物の名前、言葉、数字、音楽、お仕事ごっこができるメニューなど、楽しくさまざまな力を引き出すことができます。商品の詳細を見る
toy10
水で描くことができるお絵かきシート。絵を描く場所によって「赤」「青」「オレンジ」「みどり」の4色で描ことができ、付属のシートでぬり絵遊びやスタンプを押したりして遊ぶことができます。汚れないので、思う存分遊ばせてあげることができます。想像力が広がっていきます。商品の詳細を見る

2歳頃からおすすめの知育玩具

この頃になると、運動能力が飛躍的に発達します。跳ねたり走ったり、階段をのぼったり、ボールを蹴ったり、体を使った遊びができるようになってきます。また自我が芽生え、イヤイヤ期がはじまります。「自分でやりたい」という気持ちを伸ばしてあげるとよい時期です。
toy16想像する力も育ってきて、パズル遊びをすることができます。双方向で反発しない特殊な磁石を使用しているので、おぼつかない手つきでも『ピタッ』とくっつき色々なものを簡単につくることができます。形を認識したり、自分で何かに見立てて作ったりすることができ、想像力、推察力を高めることができます。商品の詳細を見る
toy11やわらかくて組み立てやすいブロック。「のりものセット」「おはなのセット」、恐竜のパーツが入ったセットなので、自分で色々なものを作ったり見立て遊びをすることができます。たくさんの達成感を感じることで、色々なことに挑戦する気持ちを育てます。商品の詳細を見る
toy12
最初は保護者がコントロール。こげるようになったら自分で。たくさん体を動かすのに良いタイミングにピッタリなのが、コントロールバー付きの三輪車。公園での外遊びもぐっと楽しくなります。商品の詳細を見る

3歳ころからおすすめの知育玩具

3歳になると、脳神経も発達しバランスが取れるようになってきます。つま先立ちや片足立ちもできるようになってきます。靴を履いたり、ボタンをはめたり、ハサミなどを使うようになり、連動した動作や細かな動作もだんだんできるようになってきます。
toy13
魔法のステージに楽器を置いて「PLAY」ボタンを押すと、置いた楽器のハーモニーで演奏される楽器おもちゃ。1つ置くとソロ演奏、6つ置くと迫力ある演奏に。曲に合わせて置く楽器や楽器の数を変えると、まったく違う雰囲気のシンフォニーに。楽器について学習できます。どの楽器を置くとバランスがいいか、その曲の伴奏パート担当の楽器、メロディーパート担当の楽器をや、木管楽器・金管楽器・打楽器・弦楽器かをLEDが光って教えてくれます。クラッシックや外国の童謡を知ることもできます。商品の詳細を見る
toy14
またがって跳ねて楽しい。ロディ。バランス感覚を養ったり、脚を強くすることができます。また、姿勢を保つ練習にもなります。商品の詳細を見る
toy15
自転車、補助なしに乗るためのバランス感覚を養ったり、スピードの調整などをコントロールする力を養います。全身を使っての運動をすることができます。商品の詳細を見る

まとめ

toy_d音や色、形を認識しながら、どんな感触かな、においかな、どうやったら入るかな、回るかなと自分で考えて、繰り返し経験することで、子どもたちの生きる力が育っていきます。もちろん、特別に「知育」を意識しなくても、子どもたちの五感は育っていくものです。
さらに適切なタイミングで好奇心を満たし、幅広い経験をさせてあげる方法の1つとして、知育玩具を上手に選んであげるとよいかもしれません。
おもちゃを通じて、是非、たくさんの経験をさせてあげてくださいね。

文部科学省「幼児教育の無償化の論点」(2009年)
参照:ユニセフ「世界子供白書(2001)


おすすめの記事
注目のキーワード