赤ちゃんの初めてのおもちゃ!ベッドメリー(ベビーメリー)の選び方!


赤ちゃんの初めてのおもちゃ。おすすめのベビーメリー

ベッドメリーというベビーグッズをご存知でしょうか。「ベッドメリー」が初めてのおもちゃという赤ちゃんも多いかもしれません。商品によってはベッドに取り付けることができて、赤ちゃんはベッドメリーを通じて優しい音楽を聞いたり、動くおもちゃを目で追ったりします。赤ちゃんの発育を促す効果も期待できる、とも言われています。今回の記事では、おすすめのベビーメリーと選び方を紹介します。

ベッドメリーの選び方

ベッドメリーによってデザインや素材はもちろん、曲の種類、曲数、モチーフが取りはずせるものなど様々なタイプがあります。赤ちゃんによって興味の示し方が異なりますが、以下のポイントでベッドメリーを選んで、赤ちゃんの世界を広げてあげてくださいね。

ベッドに取り付け可能か

ベッドメリーの中ではベッドに取り付けて使うタイプや、お人形のように取り付けではなく赤ちゃんの隣において使うタイプもあります。ベッドに取り付けて使いたい場合は取り付け型を購入しましょう。

床において使うことができるか

メインの用途としてはベッドに取り付けて使用することになりますが、商品によっては床に置いて使用できるものもあります。どのようなシチュエーションで使いたいか、考えておくとよいでしょう。

音楽の種類は豊富か

ベッドメリーそれぞれで音楽が異なります。赤ちゃんがどんな音楽が好きかは実際に使ってみないとわかりませんが、できるだけ多くの音を搭載しているほうが便利かもしれません。中には大人でも癒されるオルゴールメリーもありますよ。

6WAYで月齢に合わせて変身。長く使える多機能メリー

くまのプーさん6WAYジムにへんしんメリー(タカラトミー)

多機能メリーとはは新生児から1歳過ぎまで長く使えるベビーメリーです。あっという間に成長する赤ちゃん。赤ちゃんの成長に合わせた遊びができるのでおすすめです。昼間は家族がいるリビング、夜は寝室のベビーベッドで過ごすという赤ちゃんであれば、フロアーでもベッドでも両方使えるベビーメリーを選ぶと良いでしょう。くまのプーさん 6WAYジムにへんしんメリーはフロア、ベッドどちらでも使えて簡単に組み立てができるのでおすすめです。収録されている音楽にも注目です。優しい音楽の他に、鳥や動物の鳴き声、風や雨の自然な音もあります。泣いている赤ちゃんに効かせると落ち着くと言われている、お腹の中の音「胎内音」も収録されています。赤ちゃんのご機嫌に合わせて音を選んであげましょう。夜には2段階の明るさが選べるライトを使ってナイトメリーにもなります。寝かしつけだけでなく、夜中のオムツ替えにもこのライトはとても便利です。心地よい音楽は赤ちゃんだけでなく、ママにもリラックス効果がありますよ。

■商品名(メーカー):くまのプーさん6WAYジムにへんしんメリー(タカラトミー)
■対象月齢:0か月から
■サイズ:W630×H400×D150mm
■重量:1.4kg

商品の詳細を見る商品の口コミを見る

4通りの遊びで赤ちゃんを引き付けるベビーメリー

レインフォレスト4wayごきげんメリー(フィッシャープライス)

カラフルではっきりとした色のデザインが特徴のフィッシャープライス。ベビーメリーも赤ちゃんの興味をひくかわいいデザインで、赤ちゃんの発育を促します。ベビーベッド、フロアどちらでも簡単に取り付けできるので、いつでも赤ちゃんに心地よい音楽を聞かせてあげる事ができます。収録されている音楽は全14曲。約20分の連続演奏と約10分のメロディ&モーションが選べます。寝返りができるようになったら、ぞうさんのミラーを覗いたり、外したメリーで指遊びをしたりできますよ。メリーを外してもミュージックボックスとして使えますのでおすすめです。ねんねの時期が終わってもお気に入りの音楽を流して遊ばせてあげられますね。

■商品名(メーカー):レインフォレスト4wayごきげんメリー(フィッシャープライス)
■対象月齢:0か月から
■サイズ:W40.0×D30.0×H63.0
■重量:1.4kg

商品の詳細を見る商品の口コミを見る

赤ちゃんが気に入ってくれるベッドメリー選びを!

ベビーメリー

とてもかわいらしいおすすめのベビーメリーを紹介しました。お祝いにもぴったりのベビーメリー。ベビーメリーを選ぶ時はどんな音楽が入っているのか、おもちゃは取り外しできるか、床置きが可能かなど、赤ちゃんの生活スペースなどを考えるといいと思います。ねんねの時期はほんの数か月なので、お座りやはいはい、つかまり立ちまで、長く遊べる多機能タイプを選ぶと長く使えますよ。


おすすめの記事
注目のキーワード