赤ちゃんがねんねの頃から遊べる!ベビージムの選び方


赤ちゃんがねんねの頃から遊べるおすすめのベビージム

赤ちゃんは日に日に成長していきます。はじめは寝ているだけだったのに、いつのまにか手を伸ばしたり目で追ったり。そんな赤ちゃんにおすすめのおもちゃ、ベビージムの選び方とポイントをご紹介します。

布製ベビージムの特徴とおすすめポイント

あんよでキック4WAYピアノジム

ベビージムはプラスチック製や布製、木製のものがあります。布製のものは柔らかいので、赤ちゃんにも安心でたたんでコンパクトに収納できます。仕掛けも多いという利点があります。こういった点を重視される方には、布製のベビージムがおすすめです。特徴は、布製なので洗濯をした方が衛生的だということです。そんな布製のベビージムを1点ご紹介します。楽しい動物の絵がたくさんプリントされたマットにアーチを立てます。アーチにはおもちゃがぶら下げられて、鏡もついています。ねんねの赤ちゃんが手を伸ばせば、おもちゃにさわって遊べます。足の先にはピアノがついています。キックが大好きな赤ちゃんは、音が出るのを楽しんでくれることでしょう。腹這いができるようになったら、おもちゃをマットに取り付けて指先遊びができます。ピアノはお座りで弾いたり、取り外して持ち歩くこともできます。成長にあわせて遊べそうですね。

■商品名(メーカー):あんよでキック!4WAYピアノジム BMH49(フィッシャープライス)
■対象月齢:お誕生から
■サイズ:W70×D65×H47cm

商品の詳細を見る商品の口コミを見る

プラスチック製ベビージムの特徴とおすすめポイント

メロディFunFunジム ローヤル

プラスチック製のベビージムは軽くて丈夫です。音や音楽が鳴ったり、引っ張るものや回すものなど多くの仕掛けが付いています。赤ちゃんがなめるなどして汚れても、拭けばきれいになります。持ち上げて置くだけなので、家の中での移動や設置も簡単です。色遣いがはっきりしたものが多く、プラスチックの音などでにぎやかな印象もあります。
そんなプラスチック製のベビージムを1点ご紹介します。丈夫なパイプのバーには3つのおもちゃがぶら下がっています。ボールを回してじゃらじゃら鳴らしたり、振ってチャイムの音を聞いたり。ハンドルを引くと音楽が流れます。横にはクルクル回るプロペラのようなものが付いていて、手や足で動かして遊べます。ねんねの頃からおすわり、たっちの頃まで長く遊ぶことができそうですね。

■商品名:メロディFunFunジム ローヤル Royal Toyroyal
■対象月齢:0カ月~
■サイズ:L710×W570×H515mm
■重量:2.1kg

商品の詳細を見る商品の口コミを見る


おすすめの記事
注目のキーワード