あの抱っこ紐はランクインしてる!?抱っこ紐人気ランキング発表!!


001お散歩やお買い物、通勤や外出先での移動まで、大活躍の抱っこ紐。パパママで兼用にしたり、セカンド抱っこ紐を用意したりと、使い方は人それぞれ。それに、抱っこ紐のブランドや種類はたくさんあるし、ベビーの様子にもよるし・・・どれがいいのか迷ってしまいますね。
今回は、抱っこ紐選びの参考に、みんなに人気の抱っこ紐人気ランキングをご紹介します。

抱っこ紐の種類

名称未設定-1抱っこ紐は生後すぐに使えるものから、首や腰が据わったあたりから使えるものなど、用途によっても選ぶ基準が変わってきます。
いつから使うのか、誰がどんなシーンで使うのか、ライフスタイルに合わせて選びましょう。
抱っこ紐の種類は大きく2つ。「キャリー型」「スリング型」です。
「キャリー型」はいわゆる、「抱っこ紐」といわれて思い浮かべることが多い、ママの前にベビーを抱っこするタイプのもので、横抱き、縦抱き、おんぶなどもできるようになっており、新生児から使えるものといえば、このタイプになります。しっかりとした作りで、肩や腰でベビーの重さを分散させることができるため、疲れにくい抱っこ紐といえます。
「スリング型」は、大きな布を肩からかけて、ベビーをその中にすっぽりと包むタイプの抱っこ紐です。コンパクトでおしゃれなデザインも多く、首や腰が据わると安心して気軽に使える抱っこ紐です。

抱っこひもランキング

今回は、「キャリー型」の抱っこ紐の人気ランキングをご紹介しましょう。

1位:エルゴ ベビーキャリア オリジナル インファントインサート (新生児パッド)セット

エルゴ ベビーキャリア オリジナル インファントインサート
やっぱり定番のこちら。何年も人気ランキングの常連に入っているエルゴ。エルゴは、育児をもっと楽しくし、赤ちゃんの心を安定させ、家族の健やかな成長へ とつなげることを願って生まれた抱っこ紐です。インファントインサートがあれば、新生児から使用することができます。赤ちゃんの荷重を腰と肩にバランスよく分散して支えるので負担が少なく、赤ちゃんは、自然に開脚をしたおすわり姿勢「エルゴノミックポジション」でエルゴベビーの中はいつも快適です。デザインも落ち着いていて、どんな服にも合うのもいいですね。インファントインサートはお誕生から4ヶ月頃まで、首が据わった頃からはインファントインサートを取り外して20㎏まで使うことができます。
商品の詳細を見る

2位:エルゴ ベビーキャリア オリジナル

エルゴ ベビーキャリア オリジナル
人気第2位もエルゴ。対面抱き、おんぶ、腰抱きの3通りに使用可能。たっぷりとクッションの入った肩ひもは、肩への負担が少なく、おんぶもラクラク。ウエストベルトは腰をしっかりホールド。重さを分散して肩の負担をぐっと軽減します。ウエストベルト、肩ストラップ、胸ストラップは無段階の長さ調節ができるので、パパママ兼用はもちろん、背の高いママでも安心です。赤ちゃんの脱落防止の安心バンド付です。デザインも豊富で可愛いです。首が据わった頃から20㎏まで使うことができます。
商品の詳細を見る

3位:ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル

ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル
世界で2500万個以上売れているベストセラーの抱っこ紐です。「タテだっこ」「前向きだっこ」の2WAY。パパママ兼用で使うことができます。ベビーキャリアに採用されている生地は、赤ちゃんの敏感な肌に無害で、アレルギーを誘発することもなく、また生産から廃棄に至る過程まで無害であることを保証した環境にもやさしい素材です。ベビーの頭部、背中、腰部を適正な位置で包み込み、呼吸を確保した安全設計。簡単に着脱でき、飽きの来ないシンプルデザインです。たたむとコンパクトになり持ち運びも便利。新生児から体重11kgまで使用することができます。
商品の詳細を見る

4位:アップリカ コランハグ

アップリカ コランハグ
新生児を自然な姿で抱っこできる「ヨコ抱っこ」に加え、タテ抱っこ、前向き抱っこ、腰抱っこ、おんぶをすることができます。日本人の体型に合わせて肩ベルトや腰ベルトが設計されているので、ママにしっかりフィットして疲れにくく、もちろんベビーの足も自然なM字スタイルに保持してくれます。コンパクトにもなり、腰の部分に留めておくことができるので、使いたいときにサッと使うことができるのも便利。簡単装着で、カラーやデザインも10種類から選ぶことができます。首すわり(4カ月頃)~体重15kg(36カ月頃)まで使用可能です。コランハグ専用新生児シート(別売)を組み合わせれば、新生児から使用することができます。
商品の詳細を見る

5位:グレコ ルーポップ

グレコ ルーポップ
タテ抱っことおんぶの2WAY抱っこ紐。抜群のクッション性と肩ベルトと腰ベルトで支える設計で、使用した94%の先輩ママが「疲れにくい」と感じたという抱っこ紐。2ヶ所のバックルを留めるだけで簡単に装着することができ、汗をかきやすい赤ちゃんの背中部分全体にメッシュ素材を採用しているため、超軽量化を実現。たたむと化粧ポーチサイズのコンパクトさ。4ヶ月頃から36ヶ月頃まで使うことができます。
商品の詳細を見る
ユグノーシャダンケープ
そして、紫外線対策に人気なのはこちら。ユグノーシャダンケープは、ベビーキャリーとベビーカーに使える便利な2WAYサマーケープ。体感-3℃の遮熱効果とUVカット率約95%の効果を持つ機能素材「KBセーレンSHADAN」を使用。ワンタッチクリップでどこでも簡単に取り付け。通気性の良いサラサラメッシュでベビーとのお出かけが快適になります! 商品の詳細を見る

まとめ

00使うことができるベビーの月齢や状態、そして、できる抱っこの方法によって、少しずつ特徴が変わっています。多くの先輩ママたちが使ってみてよい!と思ったものは、やはり定番の抱っこ紐でした。また、新生児から長く使えるものがランクインしている印象があります。
まだ小さい時は、グズったり、眠ったりした時にも簡単に着脱ができることも大切なポイントだと思います。人気ランキングを参考に、是非、使いやすい抱っこ紐を見つけてくださいね。


おすすめの記事
注目のキーワード