ほんとに必要?おすすめは?あかちゃんの安全を守るベビーモニターの選び方


ベビーモニターの選び方

あかちゃんのお昼寝中に家事を片づけたいのに、あかちゃんの様子が気になってしまってはかどらない…。そんなママに、ベビーモニターについて紹介します。

ベビーモニターは必要?

みなさんは健康なあかちゃんが突然亡くなってしまうSIDS(乳幼児突然死症候群)をご存知ですか?
その原因のひとつにうつぶせ寝があります。ふとんが顔にかぶさって窒息をするというケースもあり、眠っているあかちゃんにも多くの危険があるのです。
◎泣き顔
眠っている間もあかちゃんの様子をこまめにチェックすることが大切ですが、家事との両立を考えると、24時間ずっと目を離さずにいるのは不可能です。別室で家事をしたいときにはベビーモニターがおすすめ。特に一戸建てのおうちでは、違う階で家事をする際の必須アイテムです。ベビーモニターを使えば、別室で家事をしながら、あかちゃんの声を聞き、様子を確認することができます。

おすすめ!ベビーモニターの選びかた

性能・種類が年々増えているベビーモニター。おすすめの選びかたをご紹介します。
◎ベビーモニターランキング1

(1)カメラがついているか

映像であかちゃんの様子を確認したい場合はカメラ付きのものがおすすめです。赤外線モード付のものを選べば、部屋を暗くして寝ている時にもあかちゃんの様子をはっきりと見ることができます。
おすすめはCombiの「防水ビデオモニター」
音声モニター1
こちらのベビーモニターはナイトライト機能・防水機能がついているため、寝室でもお風呂でも快適に使えます。温度センサーがついているので夏場の寝室の温度管理にもおすすめですよ。

■サイズ:親機W85×D50×H147mm 子機W80×D58×H142mm
■重量:親機200g、子機150g

商品の詳細はこちら商品の口コミはこちら

(2)遠隔操作が可能か

あかちゃんが寝返りをうってカメラからフレームアウトしてしまった、カメラが遠くて表情がよく見えない、という時には遠隔操作機能付ベビーモニターがおすすめ。別室からでもカメラの方向を操作でき便利です。
おすすめは日本育児の「スマートビデオモニター2」
⑮ベビーモニター
ズームイン・ズームアウトが親機から簡単にできます。2014年にリニューアルされ、映像がさらにキレイでなめらかになりました。ナイトライト、リモート子守唄、温度センサー機能を搭載していて、寝室をみまもるのにおすすめのベビーモニターです。

■サイズ:親機H122xW68XD33mm 子機H137xW90XD90mm
■重量:親機115g 子機120g

商品の詳細はこちら商品の口コミはこちら

(3)2WAY通信ができるか

あかちゃんがぐずってしまったときにおすすめなのが、2WAY通信のベビーモニター。あかちゃんの声を聞くだけでなく、ママの方からも話しかけることができます。ママの声を聞いて、安心してまた寝ることができます。介護用としても便利です。
おすすめはタカラトミーの「2WAY安心ビデオモニター ナイトランプ付」
音声モニター3
音質が良く、小さな声でもよく聞こえます。雑音が入りにくいので、あかちゃんの方からもママの声がよく聞こえます。

■サイズ:親機W66xH105xD45mm 子機W110xH40xD110mm
■重量:親機134g 子機133g

 
商品の詳細はこちら商品の口コミはこちら

まとめ


いかがでしたか?高機能の新機種がどんどん出てくるベビーモニター。用途にあわせてお気に入りのものを選んでくださいね。


おすすめの記事
注目のキーワード