いつから前向き?いつまで必要?チャイルドシートの基本知識| NetBabyLife(ネットベビーライフ)

いつから前向き?いつまで必要?チャイルドシートの基本知識


チャイルドシートの基礎知識

「いつから前向きにするの?」「いつまで使うの?」などなど、初ママにとってわからないことがいっぱいのチャイルドシート。今回は、使う前にぜひ知っておきたい、チャイルドシートの基本知識についてご紹介します。

チャイルドシートの種類と年齢・体重・身長の目安

チャイルドシートには、3つのタイプがあります。

チャイルドシートの種類と年齢・体重・身長の目安

ベビーシート(乳児用)

首すわり前の乳児を寝かせるタイプのシートで、後ろ向きのものが主流です。
年齢:新生児〜生後9ヶ月位
体重:〜10kg
身長:〜65cm

チャイルドシート(幼児用)

首がすわった幼児用で、底が高くなっており頭部とサイドを支えるサポートがあります。前向きと後ろ向きのものがあります。
年齢:生後約9ヶ月~4歳位
体重:10kg~18kg
身長:65cm~100cm

ジュニアシート(学童用)

シートの下に装着することで座高が高くなり、シートベルトを正しい位置でつけることができます。座面だけのタイプと、背もたれ付きのタイプがあります。
年齢:4歳~10歳位
体重:15kg~36kg
身長:100cm~135cm

チャイルドシートの適応年齢・体重・身長は、製品によって若干異なります。
チャイルドシートを使用する時は、「子どもの身長・体重」に合ったものを選びましょう。

いつから?チャイルドシートを前向きにするタイミング

チャイルドシートに関する疑問で一番多いのが、「いつから前向きにできるの?」というものです。
ほとんどのチャイルドシートは、ある程度の月齢になるまで、車の進行方向に対して後ろ向きに取り付けます。これは、頭の大きい赤ちゃんを乗せた車が正面衝突された時に、背中全体で衝撃を分散させるためです。
日本では体重が10kgまで後ろ向きのモデルが主流ですが、13kgまで後ろ向き可能なものもあります。
早めに前向きしたいと考える人も多いようですが、前向きにするタイミングは製品の規定に従うようにしましょう。

まとめ

チャイルドシート基本知識
いかがでしたでしょうか。特に「いつから前向きにしてもいいの?」というのは、多くのママが疑問に感じているようです。みなさんもチャイルドシートを正しく着用させて、車でのお出かけを楽しんでくださいね。


おすすめの記事
注目のキーワード