どのタイプがおすすめ?失敗しない!チャイルドシートの選び方


チャイルドシート車をお持ちの方は、赤ちゃんが産まれたら必ず必要となるチャイルドシート。6歳未満のお子さんは、車に乗る際チャイルドシートを使用する事が義務付けられています。大切なお子さんを守るため、しっかりと選びたいものです。
しかしチャイルドシートといってもその種類はたくさん。何を基準に、どう選べば良いのかよくわからない、という方も多いはず。今回はチャイルドシートの選び方や特徴をわかりやすく解説致します。

チャイルドシートのタイプとそれぞれの特長

チャイルドシートには、使用可能時期に合わせて「専用タイプ」と「兼用タイプ」の2種類があります。
「専用タイプ」は子供の成長に合わせて購入するタイプのチャイルドシート。各発達段階にピッタリの形状になっており、お子さんの安全を守ります。
兼用タイプ」は時期をまたいで使用できるタイプのチャイルドシート。取付け方を変えたり付属品をつけ替えることで、経済的に長く使えます。

専用タイプ チャイルドシートの選び方

専用タイプ チャイルドシートの選び方

専用タイプには、0歳~1歳前後まで使用できる「新生児専用シート」、1歳~4歳前後に使用できる「幼児用シート」、4歳~10歳前後に使用できる「学童用シート」の3タイプがあります。
「新生児専用シート」は寝た姿勢で乗せることができ、赤ちゃんに負担をかけずにお出かけが出来ます。
「幼児用シート」は、一人でお座りできるようになったお子さんに適していて、前向きの姿勢で座るものが多いです。「学童用シート」は4歳以上のお子さんがシート高やシートベルト位置を合わせるのに適しています。どれもお子さんの年齢・体重に合った形状なので、安全で使いやすいのが特徴です。

兼用タイプ チャイルドシートの選び方

兼用タイプ

兼用タイプには、0歳~4歳前後まで使用できる「乳児・幼児兼用シート」、1歳~10歳前後まで使用できる「幼児・学童兼用シート」、新生児~7歳前後まで全ての時期で使用できる「新生児・幼児・学童兼用シート」があります。それぞれ赤ちゃんの成長に合わせて形状がカスタマイズでき、長く使えて経済的です。

チャイルドシートの取付け方 回転式はやっぱり便利!

img_childseat03_02チャイルドシートの取付け方をご存知でしょうか。乳児用チャイルドシート(体重10キロ未満)は車の進行方向に対して後ろ向きに取り付け、幼児用チャイルドシート(体重9キロ~18キロ未満)は前向きに取り付けます。乳児用を後ろ向きに取り付ける理由は、後頭部から肩、背中にかけた広い面積で体に掛かる負荷を分散させ、万が一の前面衝突時の衝撃に対して、首への負担を軽くする為です。
画像出典:タカタ

ここで、乳幼児の場合、回転式のチャイルドシートは赤ちゃんをシートに乗せたり降ろしたりするときにシートが回転するため、赤ちゃんに取り付けやすいのが特徴的です。回転しないタイプですと車に乗り降りするたびにベルトが邪魔になり取り付けにくいという意見があります。ただし、回転式はチャイルドシート本体が通常タイプと比べて大きく重くなってしまうデメリットもあります。

isofix

回転式 おすすめチャイルドシート3選

ISOFIX対応

ISOFIX対応
画像出典:日本育児

みなさんはISOFIXという言葉を聞いたことはありますか。自動車の座席にチャイルドシートを固定する方式の国際標準規格です。チャイルドシートの固定には通常シートベルトを使いますが、誤使用により固定が図られず事故が多発していることから設けられました。2012年7月以降に発売された全ての自動車には、汎用ISO FIXアンカーの取り付けが義務付けられています。それ以前に発売された自動車にも取り付けられている車種がございますので、お使いの自動車の取扱説明書や、座席をご確認してみてください。なんといってもISOFIX固定方式は取り付けが簡単で、かつ従来型よりもシートの取付けミスが減るといわれています。安全、そして手軽さの観点から、ISOFIX対応かどうかも選ぶ基準にしてみてはいかがでしょうか。

ISOFIX対応 おすすめチャイルドシート3選

メーカー

各メーカーが様々な種類のチャイルドシートを毎年販売しております。メーカー別に探してみるのもよいかもしれません。ここではチャイルドシートの主要メーカーをご紹介いたします。

まとめ

チャイルドシートは商品次第ですが価格が比較的に高く何度も買い替えるのは難しいものです。実際に使ってみないとわからないことも多いですが、今回ご紹介した選び方を参考に、パパママと赤ちゃんにとってピッタリのチャイルドシートが見つかりますように。


おすすめの記事
注目のキーワード