どんなメリットがあるの?購入する前に知っておきたい!ハイローチェアの使い方と選び方!


ベビー用品の中にはなくても大丈夫だけど、あると便利というグッズがたくさんあります。その中の一つがこのハイローチェア。今回はこのハイローチェアの使い方やメリット・デメリット、そして最後に選び方をご紹介します。ぜひ購入する前に参考にしてみてください。

バウンサー

そもそもハイローチェアってどんなもの?

ハイローチェア2

ハイローチェアはひとことでいうと、ゆりかごにもなる食事机として新生児から使えるグッズです。ゆりかごの機能ついては電動式と手動式がありますが、最近では電動式が主流です。コンビやアップリカの商品が人気で、人気商品を多数出しています。

ほとんどの商品はリクライニング角度を深く調整できるため、新生児から使用できるものが主流です。いつまで使えるかは赤ちゃん次第ですが、4歳くらいまで使える場合もあります。

ハイローチェアの使い方

忙しいママ1

必ずしも必要であるグッズでは有りませんが、赤ちゃんがぐずっているときに落ち着かせたり、ママが少しだけ手を離さなければいけない時に使います。片手で抱っこをしながら、また抱っこ紐で常におんぶをしながら家事をするのはやっぱり大変です。もし赤ちゃんとハイローチェアの相性がよく、赤ちゃんが落ち着いてくれるようであれば、絶大な効果を発揮します。

具体的にはこんなときにハイローチェアは有効です。

◎ちょっとトイレにいくとき

◎料理をしているとき

◎お風呂に入るとき

◎来客があるとき

◎体重が増えてきた赤ちゃんにミルクをあげるとき

また、ハイローチェアは玩具を取り付けられるタイプが多いので、玩具をつけてあげることで、より赤ちゃんのグズリに効くことがあります。

メリット

・スウィング機能により赤ちゃんを落ち着かせることができる。
・寝返りを打つまではベッドとして、首が座ればテーブルとして利用できる。
・兄弟やペットのいたずらから守ることができる

デメリット

・大きいため場所をとってしまう
・重いため外出先に持っていく事が難しい
・向き不向きがあり使ってみないと落ち着いてくれるか分からない

ハイローチェアの選び方

最後に選び方のポイントをご紹介します。生活スタイルや使用する赤ちゃんのことを考えて、いくつかの視点でシミュレーションすることが重要です。ぜひ参考にしてみてください。

バウンサーでなくてもよいか?

ここまで紹介したハイローチェアですが、同じように赤ちゃんを落ち着かせるグッズとしてバウンサーと呼ばれる商品もあります。バウンサーは食事机が付いていないので座らせるor寝かせるだけのシンプルな設計ですが、高さが低いので畳や床に座って食事をする家庭の場合、バウンサーの方が便利となる可能性もあります。バウンサーでなくてもよいか、というポイントは一度見ておきましょう。

商品 価格 おすすめの家のタイプ
ハイローチェア 比較的に高い 椅子に座って食事をする
ペットを飼っている
乗せたまま室内を移動したい
外出先では使わない
バウンサー 比較的に安い 畳や床に座って食事をする
できるだけ安く抑えたい
折りたたんで収納したい
外出先にも持っていきたい

電動式か手動式か?

電動式はボタンを押してオートスウィングでゆりかごのように動いてくれるので、自分の手で動かしてあげる必要がなくとても便利です。しかし、実は赤ちゃんによっては電動式では落ち着いてくれず、手動式でお母さんが動かしてあげないだめな場合もあります。電動式は赤ちゃんによって揺れ方に向き不向きがあるので、事前に赤ちゃんが好む揺れかどうかをチェックしておきましょう。また、電動式は手動式よりも一般的に価格が高くなります。

成長に合わせて調整できるか?

ハイローチェアは長く使えるものなので、赤ちゃんの成長に合わせてクッションやテーブルなどの位置を調節できるかどうかも重要です。商品によってリクライニングの段階数が違ったり、耐荷重が異なるので、購入する際にはスペックをチェックしておきましょう。


おすすめの記事
注目のキーワード