大型ベビーグッズ、さあ、どうしよう。「ベビーベッド」買う?買わない?レンタルする?


shutterstock_356182982
ベビーベッドといえば、ベビーグッズの中でも1、2を争う大型製品。
それゆえに、買った方がいいの?買わなくても大丈夫?
ベビーベッドのメリット、デメリットは?
と、色々と疑問も湧いてくるかもしれません。
今回はそんなベビーベッドについて、調査してみました。

■ベビーベッド、要る?要らない? 先輩ママに聞いてみました。

【要る!派】

shutterstock_378919909・室内犬を飼っているので、ベビーの安全な場所を確保するのはマスト!
・2歳上の兄弟がいるので、安全とベビーとお兄ちゃんの場所の住み分けのため
・腰痛持ちなので、おむつ替えの時にしゃがまないでおむつ替えしたかった
・ハウスダストのアレルギーが心配だった
・お昼寝の間に家事をするとき、ベッドがあると安心できる

【要らない!派】

shutterstock_385948186・授乳がひっきりなしだったので、添い寝が楽だった
・使う時期が短かった
・部屋が狭くなってしまった
・ベッドの中にいるベビーの様子がわからず、心配になった
・ベビーベッドで寝てくれなかった!

要る派は、ペットを飼っていたり、年の離れていない兄弟姉妹がいたりすると、ベビーのために「安全」や「静かな場所」を確保するために必要だと感じていて、1人目は気にしていなかったけど、意外にも兄弟がいるせいか2人目の方が必要だったというママもいました。半面、要らない派は、ベビーベッドを設置するスペースがなかったり、使う期間が短いことも気になっているようでした。

続いて、ベビーベッドを使うメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

■ベビーベッドを使うメリット・デメリットは?

【メリット】

メリット
・衛生的である
・安全な場所を確保できる
・柵があるのでちょっと目を離すときも安心
・次の子はもちろん、工夫すれば長く使える

【デメリット】

デメリット・部屋が狭くなる
・授乳が大変、もしくは移動が面倒(添い寝に比べて)
・使い終わってからも保管・処分に困る
・ベビー1人で寝付けない場合は使えない

 

メリットもデメリットもそれぞれの住環境やベビーの様子にもよって、どちらにも転ぶものかもしれません。その中でもホコリ対策となるのは大きなメリットではないでしょうか。家の中のホコリは床から30㎝程度の高さに多いといわれています。ベビーを床に敷いたお布団に寝かせると、ちょうどホコリが一番多いエリアにベビーを置くことになります。ベビーベッドを使用することでホコリの量は1/100になるそうなので、アレルギー対策のためにも、ベビーベッドは衛生面を確保するには良策といえそうです。また、添い寝は確かに授乳やおむつ替えの時には楽なのですが、アメリカでは添い寝で寝ているベビーの窒息死のリスクがベビーベッドで寝ているベビーよりも40倍も高いという研究が過去に発表されたこともあり、ベビーベッドを使わない場合でも、安全面に十分配慮が必要です。

もちろん、今回ご紹介したようなデメリットを解消してくれるベビーベッドもありますよ。

部屋が狭くなる、保管に場所を取ることはこちらのベッドで解決。

一般の家庭の扉より小さいので移動も楽! 一番小さなベビーベッド ミニミニベビーベッド

001
商品の詳細を見る

使わないときはパタンとコンパクトに折り畳みできる!ミニベビーベッド

002
商品の詳細を見る

そして、添い寝したい派にはこちら↓↓↓
ママのベッドの隣にピッタリと添わせることができる、添い寝用ベッド

003
商品の詳細を見る

デメリットが気になるなぁというみなさんも、ライフスタイルに合うベッドはきっとある! ということで、是非、さまざまな角度から探してみてくださいね。

■ベビーベッドを選ぶ時のポイント

さて、ベビーベッドを選ぶとき、どんな基準で選ぶとよいのでしょうか。ベビーベッドを置く場所、大きさ、種類が家庭環境に合うかどうか考えてみるとよいかもしれません。

【種類】

ベビーベッドは、お布団を敷く面の高さが変えられるものが主流ですが、固定されているものもあります。また、ベッドの下にはおむつやおしりふきなどを入れることができるタイプもありますので、ベビー関連はそちらにしまうことで、お部屋をスッキリさせることもできます。ベビー家具として、お店に売られている一般的なベビーベッドといわれるものの中には、こんな種類のベッドもあります。
種類

ハイタイプベビーベッド

布団を敷く床板の位置が、普通のベビーベッドより高く設定されています。ママが腰をかがめずに、オムツ替えやお世話ができるので、体への負担が軽減されます。

ハイベッド・ローベッド・サークルとして使えるマルチプレーヤー、カトージのベビーベッド 123
001商品の詳細を見る

添い寝タイプベビーベッド(ロータイプベビーベッド)&多機能ベビーベッド

添い寝タイプのベビーベッドは、大人のベッドとくっつけて並べて添い寝ができるタイプで、左右の柵が下がるので、お世話がしやすいです。多機能型ベビーベッドは、成長とともに、形を変えて使うことができる多機能ベビーベッドは、例えば、ベビーサークルに変身したり、キッズベンチや収納ラックとして使えるものも。

添い寝ベッドとしても使え、サークルやキッズベンチとしても使えます!

002商品の詳細を見る

折り畳みもできて、ベビーサークルにもなる!

003商品の詳細を見る

【大きさ】

ベビーベッドには大きく分けて3つのサイズがあります。

サイズ

標準サイズ

最も主流の一般的なサイズで、内径120cm×70cmのもの。ベビー用品店で販売されているベビーベッドの多くはこのサイズ。だいたい2歳頃まで使えます。

小型サイズ

小型サイズと呼ばれるものは、内径90cm×60cmのものが一般的です。標準サイズのものと比べてコンパクト。12~18ヶ月頃まで使えます。

ハーフサイズ

小型サイズより、さらにコンパクトなサイズのベビーベッド。一般的に、内径60cm×70cmものを指します。生後、3、4ヶ月のベビーが対象なので、短期間使うのによさそうです。里帰りの時にもよさそうです。

【置き場所】

実際に、ベビーベッドを設置するときには、こんな点に注意しましょう。

置き場所・照明器具や、家具など落下したら危険なもののそばには置かない
・ベビーの変化に気がつけるよう、ママの目が届く場所に置く
・まだ体温調節がうまくできないので、エアコンの風が当たる場所、直射日光が当たる場所は避ける

まとめ

shutterstock_300995837

ベビーベッドは、買うか買わないか、レンタルをするかと多くのママが迷うものかと思います。

設置するにはある程度の広さが必要ではありますが、安全なスペースや衛生面を確保できることもあり、ベビーのことを考えればメリットは多いものの、使用するかどうかは悩むものですね。まずはレンタルをして試してみてもよいかもしれません。その場合、長く使うとなるとレンタル代は高くつくことも多いので、早めの購入検討を。

長く使えるように設計されたベビーベッド、また工夫次第で長く使うことができるアイデアもありますので、ベビーベッドとしてはもちろん、ベッドとして使い終わった後の活用方法も含めて、考えてみると、きっとみなさんのライフスタイルにピッタリ合ったベビーベッドを探すことができますよ。


おすすめの記事
注目のキーワード