ベビーベッドは必要?4つの買うメリット| NetBabyLife(ネットベビーライフ)

買ってよかった! ベビーベッドの4大メリット


ベビーベッド
生まれてくる赤ちゃんのために用意したいアイテムのなかでも、大物なのがベビーベッド。そのため、「いる?orいらない?」「買う?or借りる?」など、いろいろと迷うママも多いはず。
そこで、今回はベビーベッドを買って良かった4つのメリットについて、ご紹介します。

その1 赤ちゃんにとって快適で安全なスペースを確保できる!

ベビーベッドのもっとも重要な役割は、その快適さと安全性の確保にあります。実はベビーベッドは、思っている以上に赤ちゃんにとって心地よいスペースなのです。

ベッドなら、チリ、埃、ムレの心配も軽減

ベッドなら、チリ、埃、ムレの心配も軽減生まれたばかりの赤ちゃんにとって清潔で快適な環境を保つことは、とても大切です。ベビーベッドがあれば、床よりも高いところで寝起きができるため、チリや埃といった心配も軽減できます。
また、冷たい空気は下にたまりますが、ベッドなら床より高くなっているので、快適な温度を保ちやすくなります。ベッドなら、通気性もよく湿気もたまりにくく、ムレを抑えられます。

ついついやりがちな添い寝も実は危険な行為

添い寝は危険かわいい我が子をそばに寝かせたいからと、添い寝をしていませんか?お気持ちはわかりますが、それは同時に危険な行為でもあります。残念なことに赤ちゃんの「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の7割が親のベッド、床に敷いたマット、ソファの上などで起きたという報告があります。(米メディア・CBSが擁する医療研究チーム調べ)。親のベッドや床やソファは沈みこんで呼吸を妨げる心配があるため、危険が一杯です。こんな事故を起こさないためにも、赤ちゃんだけの安全なスペースの確保は必須です。特に、兄弟がいたり、ペットを飼っているご家庭では、赤ちゃんだけの安全なスペースの確保として、ベビーベッドが活躍することでしょう。

その2 育児に追われながらも、キレイなお部屋がキープできる!

ベビーベッドはママにもうれしい機能があります。

ベビーベッドの下は“使える”収納スペース

ベビーベッド 収納「ベビーベッドは場所をとるから邪魔」という声も聞かれますが、実はベビーベッドの下は収納スペースとしても大活躍します! 赤ちゃんが産まれると、オムツやおしりふき、オモチャなど、ベビー用品が一気に増えますが、ベビーベッドの下に収納すればスッキリ!

ベビー用品はまとめて収納でお部屋スッキリ!

お部屋のあちこちでオムツ替えや着替えをすると、どうしてもベビー用品が散らかってしまいます。そこで、ベビーベッドがあると、なるべく一ヵ所ですませようという意識も働くもの。ベビーベッドで赤ちゃんのお世話をするようにすれば、ベビー用品もすぐにベッドの下から取り出せ、探す手間も分散する心配もなく、キレイなお部屋をキープしやすくなります。

その3 ライフスタイルを変えず、家族みんなが快適に過ごせる!

ベビーベッドを置くことで、それまでのライフスタイルをガラリと変えなくてはいけなくなっては考えもの。ベビーベッドの特長をうまく生かせば、ライフスタイルを変えずに過ごせるかもしれません。

キャスター付や折りたたみ式など便利な機能に注目!

キャスター付たとえば、それまではリビングで過ごすことが多かったのに、寝室にベビーベッドを置くとなかなか他の部屋にいけないといった場合は、軽量でキャスター付や折りたたみ式のベビーベッドを選ぶと、ラクに移動することができます。また、どうしても赤ちゃんと同じ高さで眠ったり、横になりながら授乳をしたい、そんなママには左右両方の柵が下がるタイプがぴったり。大人のベッドの横にくっつけて並べれば、添い寝することなくいつも同じ高さで赤ちゃんの顔が見られたり、スムーズにお世話をすることができます。機能を賢く利用して、快適なライフスタイルに生かしましょう!

その4 選び方次第で、想像以上に長くつきあっていける!

ベビーベッドはレンタルでいいと考える人もいるかもしれませんが、実はベビーベッドは選び方次第で、考えている以上に長く使えるアイテム。買った方が実際にはお得だったというケースが多いものです。

長く使えるベビーベッドとは?

a51138-2ベビーサークルとして使えるタイプなら、赤ちゃんがハイハイやヨチヨチ歩きをはじめた時にも大活躍! 通常、ベッドの1.5~2倍の期間のサークルとして使うことができます。また、最近注目なのが、ベビーベッドだけでなくジュニアベッドに形を変えられるタイプ。小学生や中学生くらいまでOKのもあるので、大事に長く使うことが可能です。

気になるベビーベッドのレンタル料金

ちなみに、ベビーベッドのレンタル料金は月1800円位~。8ヶ月使うと、単純計算でも14,400円以上となり、新品が買えそう。もしも長く使うなら、買った方がお得になりそうです。
また、ベビーベッドの処分はお住まいの地域にもよりますが、およそ1000円前後。購入費用とあわせても、一考の余地はありますね。さらに、レンタル品は誰がどのくらいの期間、どんな風につかったかもわからず、耐久性に心配があります。費用の面だけではなく、安全面も考えてレンタルは慎重に検討しましょう。

17000円以下で買えるベビーベッド

リーズナブル
商品の一覧を見る

まとめ

ベビーベッドは「大きくて邪魔!」と思っている方、いかがでしたでしょうか? 赤ちゃんにとってもママにとっても、ベビーベッドは「買ってよかった」と思える「想像以上に優秀」なベビーグッズです。


おすすめの記事
注目のキーワード