ベビーバスを使うのはいつまで?そもそも必要?ベビーバスの選び方と人気商品8選


a生まれたばかりの赤ちゃんはまだ抵抗力が弱いため、大人と一緒にお風呂に入れることはできません。そのため、「沐浴」といって、赤ちゃん専用のベビーバスを用意して、毎日入浴させてあげます。沐浴には、体を清潔にするだけでなく、生活リズムの区切りやスキンシップの役目も。親子でゆったり沐浴タイムを楽しめるようなベビーバスを用意してあげたいですね。

 

ベビーバスを使うのはいつからいつまで?

ベビーバスを使うのはいつ
赤ちゃんがパパやママと一緒に内風呂デビューできるようになるのは生後約1か月ほどから。つまり、最低でも退院した日から1か月健診くらいまではベビーバスで沐浴、が基本です。一日中ほとんど寝てばかりの赤ちゃんはそんなに汚れないんじゃないかしら? と思うママもいるかもしれません。しかし、新陳代謝の活発な新生児は、汗や皮脂で汚れやすいもの。毎日沐浴させてあげましょう。

ベビーバスはそもそも必要?

ベビーバスはそもそも必要そもそもベビーバスって必要? という疑問を持つママもいることでしょう。筆者の周りには衣装ケースで代用した、という強者ママもいますが(笑)、気をつけたいのは衛生面です。大人と別に入浴させなければいけないほどデリケートな新生児。シンクや洗面台で代用する場合も、沐浴マットなどで安心安全な環境を整えたいものです。

ベビーバスのかしこい選び方ポイント

ベビーバスのかしこい選び方ポイントでは具体的に、どんなことに気をつけてベビーバスを選べばよいのでしょうか。ポイントとなるのは、住まいの広さ、インテリア、経済面など、それぞれのライフスタイルです。ここでは、ライフスタイル別に人気のベビーバスと、それぞれの特徴についてご紹介します。

お手軽派洗面台やシンクで使える!

お手軽派洗面台やシンクで使える広めの洗面台やシンクがあるお家なら、そこで沐浴させるのもひとつの手。ママやパパが立ったまま洗えるので、腰の負担が少なく姿勢が楽なのが魅力です。ただ、直接赤ちゃんを沐浴させるのは、やはり衛生面が気になります。そこで活躍するのが洗面台やシンクで使えるベビーバスや沐浴マット

おすすめ商品

それでは早速、おすすめのベビーバスご紹介していきましょう。

  • 永和 新生児用ベビーバス

    永和お風呂でもキッチンのシンクでも使える、赤ちゃんの沐浴用バスタブです。やわらかい赤ちゃんの頭を支えるスポンジクッションや、ずれ落ちを防ぐおしりストッパー付き。基本的には新生児用ですが、大きくなってからも、暑い時期ならおすわりさせて洗えるので便利ですよ。遊びスペースに置いて、ベビーラック代わりにしている友人もいました。

  • 赤ん坊カンパニー 安心・やわらか沐浴マット

    安心やわらか沐浴マット洗面台にしいて使う沐浴マットです。透水性スポンジのメッシュ素材なので、肌触りがサラッとしていて水の通りがよく、水切れもバツグン! 沐浴の時期が過ぎれば、お風呂で赤ちゃんの体を洗うときのマットとしても使えます。赤ちゃんを寝かせて洗えるので、ママのひざにのせて洗うよりも、両手が使えて便利ですよ。

  • リトルプリンセス ブルーミング バス

    リトルプリンセスi

    こちらも洗面台にしいて使うタイプ。カラフルで可愛いデザインはオシャレママにもおすすめです。沐浴中の赤ちゃんはまるで、お花の中から生まれた妖精のよう。厚みのあるしっかりした素材なので、赤ちゃんをやさしく包みこんでくれて安心できますね。沐浴の時期が過ぎれば、おむつ替えマットやプレイマットとしても使えます。

コンパクト派 収納が便利で持ち運びもできればベスト!

ベビーバスに代用できるほど洗面台やシンクが広くなく、お風呂でもなるべく場所をとらないコンパクトなものを探しているママ必見。空気でふくらませるエアータイプのものや、折りたためるタイプのおすすめアイテムです。吊り下げて乾かしたり、コンパクトにして旅行に持っていくこともできます。

おすすめ商品

それでは早速、おすすめの木のおもちゃをご紹介していきましょう。

  • リッチェル「ふかふかベビーバスW」

    467602xxx_i
    3か月頃まで使えるエアータイプのふかふかベビーバス。おしゃれなカラーとデザインが人気です。赤ちゃんの背中にフィットするカーブ、ずり落ち防止のストッパー、乾かすときの「ひっかけフック」などうれしいポイントがいっぱい。お湯の量も少なくてすみますよ。空気を抜いて小さくたためば旅行に持って行きやすく、収納もラクラクです。6か月くらいまでバスチェアとして使う人も。

  • イマージ「やわらかエアーベビーバス」

    イマージ_i

    こちらもエアータイプのベビーバスです。肌ざわりがやわらかく、生後6か月頃まで使えます。付属の吸盤でお風呂の壁に吊るせば、水切りも簡単です。4か所ある空気栓から空気を抜けば小さくたためるので持ち運びも便利。比較的安価なのが魅力ですが、使用できるのは開始から1年半くらいです。

  • リトルプリンセス「コンパクトにたためるベビーバス フォールディングバス」

    リトプリバスタブはゆったりサイズ、たたむとペッタンコになるうれしいベビーバスがこちら。ベビーバスのふちに石鹸やシャンプーを置けるトレイも2か所ついています。さらにベビーバスの底部分を好きな角度に変え、赤ちゃんを斜めに沐浴させることも。吊るし干し用のフック、安定感をアップさせるステップなど至れり尽くせりのベビーバスです。

  • リトルプリンセス「ベイビーバスネット」

    ベビーバスネットフォールディングバス専用のバスネットです。まだ首のすわらない赤ちゃんの沐浴は、意外と安定感がなく苦戦するものです。バスネットに赤ちゃんを寝かせれば、抜群の安定感。筆者も愛用していましたが、バスネットのおかげで支える手も楽になり、心に余裕が生まれて沐浴タイムがより楽しくなりました。

節約派 一時期しか使わないものだからとにかく安く!

昔ながらの「たらい」型ベビーバスは、だいたい1000円前後。場所はとりますが、節約派のママにはおすすめです。また、場所をとるということは、それだけバスタブが大きくゆったり沐浴できるということ。安定感があるのもメリットです。

おすすめ商品

IKEA「LATTSAM」

シンプルでスタイリッシュなデザインのたらい型ベビーバス。裏に滑り止めが付いているので、ずれにくく、安定感があります。さらに、ベビーバスの底にも柔らかいゴムの滑り止めが付いているので、赤ちゃんの足も滑りません。

メーカーサイトを見る

長期使用派 ベビーバスの後は収納ボックスやプールに!

「長い目で見たときにお得、と思えるものを選びたい」。そんなママにぴったりのフレキシブルに使えるベビーバスもあります。長期使用を視野に入れて設計されているので、とにかく丈夫なのがうれしいですね。

おすすめ商品

ストッケ「フレキシバス」

フレキシバス海外のデザイン賞も受賞する、折りたためる省スペースデザイン。新生児のうちは、別売りのニューボーンサポートを使用してサポートしてあげるとよいでしょう。沐浴時期を過ぎても4歳まで使えて、さらに収納ボックスや水遊びプールとしても使えるように設計されている、丈夫なベビーバスです。

メーカーサイトを見る

まとめ

shutterstock_61088833
いかがでしたでしょうか。新生児の頃は何かと物入りなので、ひとつひとつのグッズを吟味するのも大変ですよね。とはいえ、本当にぴったりのグッズを手に入れれば、忙しいママたちの日常の、強い味方になってくれるはず。毎日使うベビーバス、赤ちゃんとママが笑顔になれるような、あなたのお気に入りが見つかりますように。


おすすめの記事
注目のキーワード