ハイチェア、ローチェアってなに?いつから使う? おすすめのベビーチェアの選び方


b生まれたばかりだと思っていたベビーも、あっという間に首が据わり、表情も豊かになります。そして、5ヶ月~6ヶ月もすると、そろそろ離乳食がスタートする子もいるかもしれません。
そんなときに活躍してくれるベビー用家具の1つが、ベビーチェアです。
今回は、ベビーチェアの選び方や使い方について、ご紹介します。

ベビーチェアっていつ、どうやって使うの?

d「ベビーチェア」は、その名の通り、赤ちゃんのためのイス。大きく分けて「ハイチェア」と「ローチェア」があり、テーブルがついたものやテーブルにつけるタイプ、ハイチェアとしてもローチェアとしても使える「ハイローチェア」や多機能のものなどもあります。
離乳食を始めると、家族みんなと同じテーブルで食事をすることが多くなってきますので、これくらいの時期から使いはじめることが多いでしょう。食事の時はもちろん、おやつを食べたり、お絵描きや遊びのシーンでも活躍してくれることもあります。
つまり、離乳食開始頃を目途に使い始め、基本的にはお食事のシーンで使用するイスということになります。
それでは、「ハイチェア」「ローチェア」のそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ハイチェア

ダイニングテーブルで食事をするおうちでは「ハイチェア」を使うのが一般的。使用対象年齢は乳幼児期から幼児期くらいまでのものが多く、製品によっては大人まで使用可能なものもあります。
【メリット】
・ダイニングテーブルで食事をする場合、離乳食を食べさせやすい
・しっかりしたつくりのものが多い
・おしゃれなもの、折りたたみできるものなど選択肢が多い
・子どもの定位置をつくれる
・イスに固定させている支えのバーや腰ベルト、テーブルなどでベビーが座りやすいように支えてくれる。
【デメリット】
・大きい、かさばる
・落下や転倒の可能性がある
・座面が木製だと固いので、長時間座るのが苦手なお子さんも
しっかりとしたつくりのため、場所を取ってしまうことは確かなハイチェア。それでも長く使うことができたり、子どもの場所を確保できるのはよいですね。

こんなハイチェアがおすすめ!

それでは、おすすめのハイチェアをご紹介します。

  • カトージ プレミアム ベビーチェア123

    01チェアの両脚の内側には13の溝があるので、子どもの成長に合わせて、座面と足乗せの高さを調節しながら使うことができ、いつでも正しい姿勢をキープ。使わない時は後ろにまわしておけるテーブルと安心のガード付きです。7ヶ月頃~体重60㎏まで使うことができます。テーブルのふちをちょっと高くし、食べ物や飲み物がこぼれにくい設計やこぼしてしまっても、拭くだけで簡単おそうじができるのはママにもうれしいポイント。商品の詳細を見る

  • ベビービョルン ハイチェア

    02カーブした背もたれは人間工学に基づいたデザインで「きちんと座る」をサポートしてくれます。折りたたみ式なので折りたためば幅は25㎝。ハイチェアなのに省スペースですね!また、表面はなめらかなので食事がこびりつきません。テーブルは簡単に取り外すことができ、食洗機で洗うこともできます。6ヶ月頃~3歳頃まで使うことができます。使い終わったらサッと折りたたんで片づけることができるがうれしいポイントですね。商品の詳細を見る

  • 大和屋 すくすくチェアEN テーブル&ガード付き

    03座りやすく座らせやすいムーンシートの形で、ひざが曲げやすくなっています。座面と足置きの高さを調節することで長く使うことができます。テーブルは食器が落ちづらいように前面にストッパーがついています。ロックを外すとテーブルは簡単に後ろにくるっとまわすことができます。テーブルがない状態でもT字ガードでベビーの転落を防ぎます。6ヶ月頃~大人まで使うことができます。発売から15年、愛され続けていることはもちろん、改良が重ね続けられているというのが安心ポイント。 商品の詳細を見る

  • カトージ スマチェア

    04ワンタッチで操作ができる115度、135度の2段階のリクライニングシート。もし、お食事中にウトウトしてしまっても、そっとリクライニングすることができます。イスの高さは5段階で調節可能。折りたためばコンパクトになり自立するので、お片付けも楽ちん。テーブルは前後2段階で調節でき、脚には滑り止め付です。7ヶ月頃から5歳頃まで使うことができます。軽量でコンパクトなところと、さまざまな場所が調整できるのがうれしいポイントです。 商品の詳細を見る

ローチェア

リビングなどのローテーブルで食事をするおうちでは「ローチェア」を使うのが一般的。バンボのようにスポッと座れるタイプもありますが、木製のローチェアの使用対象年齢は腰が据わったころから、3~4歳頃まで。木製、パイプ製、ウレタン製などがあります。床に直置きできるもの、大人用の椅子に備え付けるものなどがあります。
【メリット】
・ベビーが自分で座りやすい
・ママも座らせやすい
・床面から低い位置に座面があるので、落下の危険は少なく安心
・収納場所にそんなに困らない
・価格がお手頃
【デメリット】
・動きたがる時期、お子さんだと自分で出てしまうことも
・腰が据わってからの方が安全に座れるイスもある

こんなローチェアがおすすめ!

  • カリブ ソフトチェアー トレイ付

    05ベビーをやさしく包み込むポリウレタンフォーム製のトレイ付チェア。おしりの形にフィットする構造で、まだ不安定な座り方をしっかり支えてサポートしてくれます。お手入れも簡単です。首の座る3~4ヶ月頃から1歳2ヶ月頃まで使うことができます。商品の詳細を見る

  • 大和屋 アーチ 木製ローチェア

    06木製のテーブル付ローチェア。テーブルは簡単に後ろにまわすことができ、折りたためばコンパクトに収納することができます。どんなインテリアにも合うデザインとカラーです。6ヶ月頃から3歳半頃まで使うことができます。商品の詳細を見る

  • POGNI ステップアップチェア

    07ベビーの上半身をやさしく、しっかり支えるふんわりチェア。カエルのデザインが可愛らしく、ガラガラもついています。折りたたんでお片付けすることもできます。 商品の詳細を見る

  • フィッシャープライス おすわりサポート・ベビーチェア

    08色つきのシート部分を外すと4歳頃まで使えます。安全ベルト付で、イスに乗せれば、子どもの座高を高くしてくれるブースターシートとしても使えます。3ヶ月~3歳頃まで使うことができます。 商品の詳細を見る

それでは、テーブルや大人のイスにくっつけることができて、おうちでも外出先でも便利なテーブルチェアおすすめもご紹介します。

テーブルチェア

  • エイテックス キャリフリー チェアベルト

    09大人のイスに取り付けて使うことができるタイプ。軽くて折りたためばコンパクトになるので外出先でも大活躍間違いなし。デザインも可愛くておしゃれです。腰が据わって3歳くらいまで使うことができます。商品の詳細を見る

  • リトルワールド テーブルチェア

    10テーブルに取り付けるタイプ。固定アームでテーブルを上下からガッチリ挟んで固定します。ずり落ち防止のベルト付き。使わない時はコンパクトに折りたたむこともできます。おうちでテーブルチェアを試してみたいママに。もちろん外出先でも使えます。5ヶ月頃から3歳頃まで使うことができます。商品の詳細を見る

  • イングリッシーナ ファスト トレイ付

    11テーブルに取り付けるタイプ。ワンタッチで取り外しができるトレイがついているので、ベビーがお食事をこぼしても、大人のテーブルには広がりにくくなっています。股ベルト腰ベルトでホールドし、シートは簡単に取り外して洗濯もできます。おうちはもちろん、収納袋も付属しているので、お出かけ先に持って行くにも◎。5ヶ月から3歳頃まで使うことができます。商品の詳細を見る

【番外編】多機能チェア

  • グランドール スクロールチェア プラス

    12_2お誕生から大人になるまで座ることができるチェア。シートの布部分の長さを調節し、フレームへの取り付け位置を変えるだけで、新生児はベッドのような形にすることもでき、ロッキングチェアの役目も果たします。もちろん大人になってもダイニングなどで使うことができます。ベビーから大人まで使えるチェアの中でも見た目や座り心地などにこだわった美しい曲線のフレームも素敵です。もちろんセーフティベルトも付いています。ロッキング → ベビーチェア → キッズチェア → ダイニングチェアと成長に合わせて、本当に多機能に使うことができます。商品の詳細を見る

まとめ

a離乳食がはじまり、自分で食べるようになるとまたひとつ新しい世界が広がります。そんな時には、自分の場所であるベビーチェアやテーブルチェアなどを用意してあげるとよいかもしれません。
うちの子どもたちは比較的のんびりで、イスに座る・・・入るのが好きだったので、テーブルチェアが活躍しました。それぞれのライフスタイルやベビーの様子によって、楽しいお食事のひと時をサポートしてくれるベビーチェアを見つけてあげてはいかがでしょう。


おすすめの記事
注目のキーワード