いつからいつまで使えるの?タイプ別に見るベビーカーの使用時期


ベビーカー 何歳まで

生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら、ベビー用品を選ぶのはとても楽しいですよね。ベビーカーも出産準備品の候補のひとつです。でも「ベビーカーっていつまで使えるの?」と疑問に思うプレママも多いと思います。そこで今回は、ベビーカーの種類と使用時期についてまとめてみました。

首すわり前から使える!安定性重視のA型ベビーカー

Aベビーカーは、日本のSG基準により「A型」と「B型」の2タイプに分類されています。現在「A型」とされているものの多くは、以前「AB兼用型」と呼ばれていたタイプです。
A型ベビーカーの使用時期は、商品にもよりますが、「生後1ヶ月〜3歳頃」のものが主流です。安定性が非常に高く、まだ首がすわっていない赤ちゃんでも使用できるのがA型ベビーカーの特徴。リクライニング機能が付いているので、赤ちゃんを寝かせたまま乗せることができ、腰がすわったら座らせて乗せることもできます。1ヶ月健診の頃から使用でき、低月齢の時期から頻繁にお出かけするママにおすすめです。
低月齢から幼児期まで長期間使うことができるのが、A型ベビーカーのメリットです。

軽くてコンパクト!持ち運びに便利なB型ベビーカー

BA型ベビーカーに比べ、軽量でコンパクトなのがB型ベビーカーです。B型ベビーカーの使用開始は、おすわりができるようになってから。使用時期は、「生後7ヶ月〜3歳頃」のものが主流です。リクライニング機能が付いていないものが多く、赤ちゃんを座らせた状態で乗せて移動します。
こちらは車での移動が多いママや、マンションにエレベーターがないママにおすすめ。また、「B型が使えるようになるまで抱っこ紐で乗り切る」というママもたくさんいます。電車などの公共交通機関で移動するときや、持ち運びの負担が軽いのがいいですね。
A型より安価なものが多いのも、B型ベビーカーのメリットのひとつです。

ほかにもある!A型・B型以外のベビーカー

基本のA型・B型ベビーカー以外にも、さまざまな機能を持ったベビーカーがあります。

多機能ベビーカー

シート部分を取り外し、チャイルドシートやラックとして使えます。使用時期が「0ヶ月〜」となっているため、退院時から使用できます。

3輪バギー

前輪が1つで、全体的に大きめのベビーカー。ブレーキが付いていたり、バギーランに使えるものも。

2人乗り用

双子や年子で使える2人乗りベビーカー。横型は同時に2人の様子が見えるのが安心です。縦型は1人用のベビーカーと同じ幅なので、狭い道でも通ることができます。

まとめ

ベビーカーの使用時期
ベビーカー選びのポイントや購入時期は、お出かけの頻度やスタイル、住まいの状況などによって異なってきます。
出産準備は早く済ませたいものですが、ベビーカーについては慌てなくても大丈夫。ネット通販等で手軽に購入できる今、ベビーカーのベストな購入時期は、ずばり「必要だと感じた時」です。
ベビーカーは長く使うものですから、ライフスタイルに合ったものをじっくり見極めて選びましょう。


おすすめの記事
注目のキーワード