軽くて機能も抜群!選ぶ前から知っておきたいおすすめ最新ベビーカー3選!


2
毎年のように各メーカーから新しいベビーカーが発売されています。有名なメーカーとしては、コンビ、アップリカ、グレコ、ピジョン、あたりがあげられます。
今回はアップリカ、コンビ、ピジョンと大手メーカー3社から発売された最新ベビーカーをご紹介します。

メチャカルハンディ / コンビ

めちゃかる
2015年5月にコンビから発売された新作で、重量は4.2kgで新生児から使えるタイプのA型ベビーカーの中では最軽量の部類に入ります。両対面式、地面から50cmのハイシート、15Lの大型カゴを搭載、また衝撃吸収素材をつかったクッションなど、軽いのに充実した機能をたくさんもっています。折りたたみも簡単で、電車やバスに乗る時も、階段で移動する時も、軽いフットワークで動けます。

対象月齢 : 生後1ヶ月~36ヶ月まで
サイズ  : 使用時W450×D825〜910×H985〜995mm
重量   : 5.3kg

商品の詳細を見る商品の口コミを見る

ラクーナ / アップリカ 2015年5月発売

A2

ラクーナは2014年に同じくアップリカから発売され、2015年5月には最新機種も誕生しています。押しやすくて、持ちやすい、A型ベビーカーのほぼすべての機能を兼ね備えているのがこのラクーナです。この最新機種はベビーカーと抱っこひもがセットで使えるキャリートラベルシステムを初めて採用しており、抱っこ紐で抱いた状態からそのまま赤ちゃんをベビーカーに乗せてあげることができる、最新の機能を備えております。

対象月齢 : 生後1ヶ月~36ヶ月まで
サイズ  : 使用時W450×D825〜910×H985〜995mm
重量   : 5.3kg

主な特徴(最新機種)

押し心地スムーズ「オート4輪」

常に進行方向に対して前輪が回転するから、対面押しの時もカーブで小回りしやすくスイスイ押せるので、お出かけが楽しくなります。

機能満載でもかるがる「5.3kg」

両対面式ベビーカーでハイシート、とマルチショックレスの高剛性を兼ね備えながら軽量化に成功。

取り入れやすい大容量バスケット

大切な赤ちゃんとのお出かけには赤ちゃんの為のものがいっぱい。
どんな時でも取りやすく入れやすい大容量バスケット「20リットル」で楽しいお出かけを提供します。

商品の詳細を見る商品の口コミを見る商品の動画を見る

ランフィ /  ピジョン 2015年1月発売

A3
3位には2015年1月に発売されたピジョンのランフィがランクインしました。ランフィも両対面式や軽量設計といった人気機能を備えていますが、特質すべきはタイヤの大きさです。タイヤ直径が16.5cmとA型ベビーカーの中では大きめで、段差をストレスなく乗り越えられるところがポイントです。

対象月齢 : 生後1ヶ月~36ヶ月まで
サイズ  : 使用時W510×D825×H1030mm
重量   : 5.4kg

主な特徴(最新機種)

中空シングル構造

地面に触れる面積が小さいシングルタイヤだから、走りが軽快で小回り良好。
中空タイヤで振動吸収性が抜群。中にチューブを使用していないので、パンクしたり空気が抜けたりする心配がありません。

スイング式サスペンション

路面からの赤ちゃんへの振動をやわらげるサスペンション。
上下方向だけでなく、前方向からの力も吸収するので、スムーズに段差を乗り越えられます。

オート4輪切替

対面ハンドルと背面ハンドルのどちらの時でも、前方向にあるタイヤがくるっと可動。
だから対面でも背面でもスイスイ方向転換ができます。

商品の詳細を見る商品の口コミを見る


おすすめの記事
注目のキーワード