ベビーとハッピーに出かけよう!A型ベビーカー人気ランキング2015年下半期版


top5ベビーが生まれてから、すぐにお世話になる大型のベビーグッズのひとつといえば、ベビーカー。一般的には2~3歳の頃まで使うことができて、移動はもちろん、ぐずったりねんねの時にも活躍してくれるので、外出の時の強い味方ですね。さて、ベビーカーといえば、A型やB型、三輪バギーなど色々とありますが、その中でも、今回は低月齢から使うことができるA型ベビーカーの2015年の下半期ベビーカー人気ランキングをご紹介しましょう。

A型ベビーカーの基礎知識

ベビーカーには、大きく分けて「A型」「B型」の2つのタイプがありますが、A型は生後0~1ヶ月の新生児期で首がすわらない頃から使用することができる、いわゆる初めてのベビーカー。ベビーを寝かせた状態で使用できるように、背もたれがフラットになるのが特徴です。また対面・背面のハンドルを切り替えると、ベビーの顔を見ながら移動することもできます。お座りの頃から使えるB型よりも多機能であったり、小さなベビーを守る工夫がされているので、B型よりも大きかったり、重い場合も多いですが、その分、しっかりとしたもの、そして、長く使えるものも多いので、ライフスタイルに合ったベビーカーを選びたいものですね!

気になる「2015年下半期」のA型ベビーカー人気ランキング

それでは、2015年多くのママやパパが選んだ人気のA型ベビーカーのランキングを見ていきましょう!

1位:コンビ メチャカルハンディ4cas HF

メチャカルハンディ

コンビの「メチャカルハンディ4cas」の重さは5㎏を切る4.9㎏。対面・背面の切り替えに連動して進行方向に対して、前輪のキャスターが自動で回転する「オート4キャス」で、狭い道ではくるっと軽々小回りをすることができ、行きたい方向にもラクラク。片手&ワンタッチで開閉することができ、18リットルの大型カゴ付き。その他、地熱やほこりから守る地上から55センチのハイシート、紫外線対策には99%UVカットのマルチビッグサンシェードを採し、頭を守るWエッグショックなど、振動を減らして快適な乗り心地も実現。座面はエアスルーで、シートは丸洗いOKです。通常使用はもちろん、ベビーカーを押す時間が長い、人混みや細い道をよく通る時などに大活躍してくれます。

商品の詳細を見る

2位:コンビ メチャカルハンディDF

コンビ-メチャカルハンディDF

こちらもコンビの同じくメチャカルハンディシリーズからエッグショックです。重さは4.2㎏で50センチのハイシート。15リットルの収納かご付き。こちらも片手でワンタッチ開閉ができますので、ベビーを抱っこしながら折りたたむことができず「パパッとクローズ」が便利。頭を守るWエッグショック、座面にも3Dエッグショックを搭載、4輪ソフトサスペンション&エアセルクッションタイヤで振動を吸収してくれます。こちらもシートは丸洗いOK。電車やバスに乗る時や階段で移動する時なども軽々なので、交通機関などを多く使ってのお出かけが多い場合におすすめです。

商品の詳細を見る

3位:ピジョン ランフィ

ピジョン-ランフィ

ピジョンの「Runfee(ランフィ)」は、直径16.5㎝の大きなタイヤで段差をラクラク乗り越えられるのが特徴です。サスペンション付き、そして空気の入ったタイヤが上下方向だけでなく、前方向からの力も吸収し、段差を乗り越えるときの衝撃を逃がしてくれます。重さは5.4㎏、地面から54センチのハイシート、シートは風通しの良さにこだわったリバーシブルで使うことができ、丸洗いOKです。ベビーカーを押してみると道には段差が多いことに気づきます。そんな段差をベビーに負担なく進むことができます。ゴトゴト道が気になるママやパパにおすすめです。

商品の詳細を見る

4位:アップリカ ラクーナ

アップリカ-ラクーナ

アップリカの「ラクーナ」は、振動を抑えるマルチショックレス構造、フルカバーから細かく角度調節をすることができる大きなサンシェード、53センチのハイシート、そして、アップリカ独自の新素材「シルキーエアTM」がインナークッション材に採用され、ムレにくく、耐圧を分散することができ、ベビーへの負担も軽減してくれます。また滑らかな肌触りの生地を採用しているため、デリケートなベビーの肌にやさしいのが特徴です。20リットルの大きな収納もあり、長時間や暑い時期のお出かけに活躍してくれそうです。

商品の詳細を見る

5位:コンビ ホワイトレーベル メチャカルハンディ4cas PLUS HF

コンビ-ホワイトレーベル-メチャカルハンディ4cas-PLUS-HF

コンビのメチャカルハンディシリーズから、「オート4キャス plus エッグショックHF」は、ママのための軽さとベビーのための快適さを追求したプレミアムモデル。人気ランキング1位の「オート4キャス」と同じく2位の「エッグショック」の機能を持ち合わせたタイプ。重さは4.9㎏なので、階段の上り下り、車の乗せ降ろしもラクラクです。55センチのハイシート、21リットルの収納は今回のランキングに入ったベビーカーのうちで最大。軽く、小回りもきいて、荷物もたくさん載せることができます。

商品の詳細を見る

まとめ

A型ベビーカーは大きくて重いというイメージはひと昔前のこと。A型ベビーカーは大きくて重いというイメージはひと昔前のこと。
今では、ママひとりで開閉ができたり、またスムーズに押すことができるように設計されています。ベビーを暑さや粉じんから守るハイシートが多く、紫外線や振動、ムレを軽減する機能も満載。メチャカルハンディシリーズから3種、大きなタイヤが特徴のランフィ、ベビーのお肌や通気性を考えたラクーナがランクインしました。
ライフスタイルに合わせて、また重視したいポイントを確認しながら、ピッタリのベビーカーを探して、楽しくベビーとお散歩しましょう。


おすすめの記事
注目のキーワード